旅行・バッグ

旅行バッグの選び方|日数別・旅行のタイプ別に詳しく解説

旅行には着替えやメイク道具、スキンケア用品、生活用品など持っていくので、バッグ選びに迷ってしまいますよね。そこで本記事では、旅行バッグを選ぶときのポイントや宿泊日数に合わせた選び方、旅行のタイプ別の選び方などを解説します!

関連記事

旅行バッグの選び方<5つのポイント>

旅行バッグの選び方 5つのポイント

旅行バッグを選ぶときにチェックしたいポイントは5つ!

  • 収納力
  • 軽さ
  • 丈夫さ
  • 防水性・撥水性
  • バッグのタイプ

旅行がより一層楽しくなるような、使いやすいお気に入りのバッグを選びましょう。

①収納力

旅行バッグは、宿泊する日数や持っていく荷物に合わせた容量のものを選ぶ必要があります。

スーツケースの容量の目安は、1泊あたり10リットルです。

帰りにはお土産などで荷物が増えることを考慮して、余裕のある容量のバッグを選ぶと安心ですね。

ただし、容量が多くても収納力が微妙だと、荷物が入りきらなかったり使いにくかったりすることも

バッグの外側や内側のポケットや仕切りなど、仕様によって収納力は変わるので、持っていきたいものをすっきり収納できるかどうかをチェックして、旅行バッグを選びましょう。

②軽さ

旅行バッグにはたくさんの荷物を入れるので、バッグ自体が重いと持ち運ぶのに苦労してしまいます

飛行機や電車、車などでの移動が多いとしても、実際に持って歩く機会は意外と多いものです。

移動だけで疲れてしまっては旅行を楽しめなくなるので、旅行バッグはなるべく軽いものを選ぶのがおすすめです。

飛行機を利用する国内旅行だと、多くの航空会社が預かる荷物の重量を20kgまでとしているので、重量オーバーしないように気をつけたいですね。

③丈夫さ

旅行中、バッグは揺れたりぶつかったりする機会が多いもの。

旅行中に破損することがないよう、壊れにくく丈夫な旅行バッグを用意したいですね。

たくさんの荷物を入れたり外部から衝撃を受けたりしてもへっちゃらな、頼りになるバッグを選びましょう。

キャリーケースの場合、丈夫さにこだわると重量が重いものになってしまう可能性もあります。

あまり重いと使いにくいので、耐久性の高い素材を使った軽くて丈夫なものを選ぶのがおすすめです。

④防水性・撥水性

旅行中、雨や雪が降ることも考えられます。

バッグだけでなく荷物も濡れてしまう可能性があるので、防水性や撥水性のある旅行バッグを選ぶと安心ですね。

素材はもちろん、ファスナー部分から水が入ることがあるので、細かな部分まで防水対策が施された旅行バッグだと頼りになります。

⑤バッグのタイプ

旅行に適したバッグには、さまざまなタイプがあります。

メリットデメリット
スーツケース
キャリーバッグ

重い荷物も
楽に運べる。
鍵が付いて
いるので
安心感がある。
荷物の出し入れが
面倒で、
持ち上げるときに
重い。
ボストンバッグ
たっぷり入る。
おしゃれ。
重さを
感じやすい。
トートバッグ
普段使いも
できる
デザイン。
大きな荷物も
入れやすい。
持ち手が
短いと
手が塞がる。
バックパック
リュック

両手が空く。
重さを両肩で
支えるので楽。
背中が
蒸れる、
無防備。

行き先や移動方法、荷物の量などに合わせて、どのタイプが使いやすいか検討してみましょう。

バッグの選び方<日数別>

バッグの選び方<日数別>

旅行の日数によって、持っていく荷物の量が異なります。小さすぎると荷物が入らず、大きすぎると邪魔になるので、荷物の量に合った旅行バッグを選びたいですね。

1泊2日

  • 翌日の着替え
  • メイク・スキンケアグッズ
  • 生活に必要なもの

スーツケース・キャリーバッグだと、20〜30リットルほどが目安。荷物が多くなければ、リュックやトートバッグなどでも対応できます。

季節によって、持っていく着替えの厚さや枚数が異なります。

また、仕事の書類やパソコンも持っていくのであれば、バッグのなかでごちゃごちゃにならないように、収納しやすいバッグを選びましょう。

街歩き用のバッグを持っていかないのであれば、荷物を入れるメインのバッグをそのまま街歩き用に使うことになります。

さまざまなコーディネートに合わせやすい、ベーシックなカラーのバッグがおすすめです。

2泊3日

  • 2日目、3日目の着替え
  • 必要応じて履き替え用の靴や街歩き用のバッグ
  • メイク・スキンケアグッズ
  • 生活に必要なもの

現地で使うものや履き替える靴など、何かと荷物が増えるので、ゆとりのある大きさのバッグを選ぶと良いでしょう。

スーツケース・キャリーバッグだと30〜40リットルほどのサイズがちょうどいいですね。

移動中や街歩き用に、小さめのバッグを用意しておくのがおすすめです。

荷物が多くなると、必要なものをどこに入れたかわからなくなる可能性があるので、機能的で収納力のあるバッグを選びましょう。

3泊4日

  • 2日目、3日目、4日目の着替え
  • 必要応じて履き替え用の靴や街歩き用のバッグ
  • メイク・スキンケアグッズ
  • 生活に必要なもの

40〜50リットルのスーツケース・キャリーバッグが必要になります。

1つのバッグだと大きくなりすぎたり重すぎたりする場合は、サブバッグを活用すると良いでしょう。

4泊以上

  • 2日目、3日目、4日目、5日目の着替え
  • 必要応じて履き替え用の靴や街歩き用のバッグ
  • メイク・スキンケアグッズ
  • 生活に必要なもの

宿泊日数に合わせて、46〜80リットルのスーツケース・キャリーバッグを選びましょう。

特に、観光旅行の場合はお土産などで帰りの荷物が増えがちなので、大きめサイズが便利です。

また4泊以上となると、メイクやスキンケア、生活用品などの荷物も、多くなります。

現地調達や使い捨てなども活用しながら、少しでも荷物をコンパクトにできるように工夫したいですね。

バッグの選び方<旅行のタイプ別>

バッグの選び方<旅行のタイプ別>

誰と行くのか、どんな目的で行くのか、旅行のタイプに合わせてバッグを選びましょう。

友達と

友達との旅行に行くときは、使いやすさはもちろんデザイン性にもこだわりたいですね。

旅行バッグを含めたコーディネートが、自分らしくおしゃれになるようにバッグを選びましょう。

旅行バッグは季節によって変えたり、服装に合わせて変えたりといったことがあまりないので、合わせやすさ重視で選ぶのがおすすめです。

黒やネイビー、ベージュ、カーキなどベーシックで合わせやすいカラーの旅行バッグなら、どんなコーディネートにも違和感なく合わせられますね。

また、可愛らしすぎるバッグなど、年齢を重ねたときに使いにくいものは避けて、長く愛用できるものを選ぶのがポイントです。

子どもを連れて家族で

子どもを連れて旅行に行くときのバッグは、収納力と携帯性を重視しましょう。

子どもがまだ小さいうちは、着替え・おもちゃ・オムツなど荷物が多くなるので、たくさん入ることが大切です。

また、必要なものをサッと取り出せるようなデザインであるかどうかもチェックしたいですね。

加えて、サッと持って動ける携帯性も忘れてはいけません。

すぐにあちこち動き回る子どもに追いつけるように、持ち運びしやすいバッグを選びましょう。

出張

出張では、仕事に必要な荷物とプライベートに必要な荷物を持っていく必要があります。

バッグのなかでごちゃごちゃにならないように、分けて入れられるタイプがおすすめです。

また、ホテルに荷物を預ける前に取引先など目的地に行く場合は、スマートに持ち運べる手持ちタイプのバッグがいいですね。

また、資料やお土産などで出発時よりも帰りの方が荷物が多くなるでしょう。

サブバッグを持って行ったり、収納スペースを増やせるタイプのバッグを選ぶと便利です。

海外旅行

海外旅行では、2〜3個ほどのバッグが必要です。

  1. 着替えなどを入れるスーツケースやボストンバッグ
  2. 機内持ち込み用のリュックやトートバッグ
  3. 街歩き用の小さめバッグ

訪れる国やシーズン、目的などに合わせてバッグを選びましょう

開口部が開いているバッグではなく、ファスナーなどでしっかりと閉じられるタイプが安心です。

バッグの選び方<街歩き用・サブバッグ>

バッグの選び方<街歩き用・サブバッグ>

旅行に出かけた先での街歩きには、軽くて身につけられるタイプのバッグや、パンフレットや買ったものをサッと収納できるようなバッグが便利ですね。

サコッシュ

サコッシュとは、スマホや財布など、ちょっとしたものを入れて身につける小さなバッグのことです。

最低限の荷物で身軽に散策したいときに活躍してくれますよ。

アウトドアシーンで使われるアイテムなので、耐久性が高いものが多いのもうれしいですね。

ショルダーバッグ

肩から掛けたり斜めがけにしたりできるショルダーバッグは、たくさん歩く旅行での街歩きにぴったりです。

ナイロン素材などの軽いショルダーバッグなら、買い物をして荷物が増えてもラクラク。

ストラップの長さが調節できたり収納ポケットが付いていたりする、機能的なショルダーバッグがおすすめです。

リュック

1〜2泊の旅行であれば、リュックに着替えなどの荷物を入れて出かけて、街歩きでもリュックをそのまま活用できます。

両手が空くので、自然のなかを散策するような旅行にもぴったりです。

3泊以上の旅行でメインのバッグがリュックの場合は、街歩きにはおおげさなので、別のバッグを用意するといいですね。

日程や目的などに合わせて選ぶ旅行バッグ

大は小を兼ねるとは言いますが、旅行バッグは大きい方がいいとは限りません。

日程や目的などに合わせて、最適なものを選びたいですね。

メインのバッグ、街歩き用バッグを活用して、快適で楽しい旅行に出かけましょう。