おしゃれに見える色合わせ

ロイヤルブルーに合う色|おしゃれに着こなすコーデ例をご紹介

「ロイヤルブルー」とは、イギリス王室の公式カラーとしても知られている色で、鮮やかな紫みのある青色のことをさします。

ロイヤルブルー

美しいブルーは、一見派手かな?と思うかもしれませんが、黄色みのある私たち日本人の肌とは好相性

普段のおしゃれにも取り入れやすいカラーと言えます。

ちなみに、似た色のネイビー(ネービー)は「濃紺」とも呼ばれていて、ロイヤルブルーに比べると暗めです。

どちらも紫みがあって似ているので、洋服などではお店やブランドによって呼び名が違っていたりもします。

この記事では、ロイヤルブルーに合う色について、コーディネート例から詳しくご紹介していきます。

ロイヤルブルーに合う色7選

ViS

白を合わせることで、ロイヤルブルーの鮮やかな色がより美しく映えます。
夏コーデはもちろん、秋冬の着こなしでもロイヤルブルーと白の色合わせはおすすめ。

Brown&Street

カジュアルなコーディネートでも、ロイヤルブルーと白の色合わせだとどこか上品な雰囲気になりますね。

UNITED ARROWS

ロイヤルブルーと黒の色合わせは、エレガントな雰囲気。

女性らしいけれど甘さは控えめな、大人っぽい着こなしが叶います。

SLOBE IENA

ロイヤルブルーを使ったカジュアルなコーデには、モノトーン(黒・白)を合わせるのもおすすめです。

グレー

Jines

ロイヤルブルーとグレーを合わせると、落ち着いた感じになります。

グレーは鮮やかな色と合わせるのが難しいですが、ロイヤルブルーは紫みがありグレーとの相性が◎。

LEPSIM

複数の色を合わせるとごちゃごちゃするので、グレー系とロイヤルブルーの2色でまとめるのがポイントです。

ベージュ

ロイヤルブルーのブラウスを使ったコーデ

wear

柔らかいベージュは、ロイヤルブルーのエレガントな雰囲気とマッチします。

ロイヤルブルーのワンピースコーデ

wear

青空や海のようにキレイなロイヤルブルーは、アースカラーとの相性が抜群です。

明るいサンドベージュからキャメルに近いベージュ、さらにブラウンなども好相性。

カーキ

カーキとロイヤルブルーのコーデ

wear

鮮やかで上品なロイヤルブルーと、ミリタリー感のあるカーキは、タイプが違う色同士だけれどそのミスマッチ加減がおしゃれ。

ロイヤルブルーのパンプス

wear

元々グリーンとブルーは近い色なので合わせやすいので、テイストミックスなロイヤルブルーとカーキの色合わせも、おしゃれに決まります。

ブルー

Spick & Span

ロイヤルブルーと同じブルー系で合わせるのもおすすめです。

ブルー系のデニムにロイヤルブルーのトップスのコーディネートは、大人カジュアルな印象に。

UNITED ARROWS

淡いブルーを合わせるとグラーデーションのような感じになるので、まとまりを感じるコーディネートになります。

オレンジ

ロイヤルブルーのバッグを使ったコーデ

wear

ブルー系とオレンジは反対色なので、メリハリのあるコーディネートが作れます。

SHIPS

ボーダーや花柄など、オレンジを使った柄物とロイヤルブルーを合わせるのもおすすめです。

ロイヤルブルーをおしゃれに合わせるポイント

ロイヤルブルーはデニムやネイビーと同様に合わせやすいカラーです。

濃いめの色で鮮やかなので、インパクトはありますが、取り入れるだけでおしゃれ感が高まるので、是非取り入れたいですね。

ロイヤルブルーをおしゃれに合わせるポイント
  • 迷ったら白・黒で合わせる
  • コーデの中に3色以上使わない
  • コーデはシンプルめに

存在感のある色なので、すっきりとシンプルに合わせることがロイヤルブルーをおしゃれに取り入れるための重要なポイントです。

色合わせもコーディネートも、欲張らずにシンプルにすることでロイヤルブルーのキレイな色が活きます。

カジュアルからキレイめまで幅広いコーディネートに活躍するので、ぜひ取り入れて見てください。