春ファッション

親子遠足のママの服装|浮かない!動ける!おしゃれコーデを詳しくチェック

幼稚園や保育園に通う子供たちと一緒に行く親子遠足。

遠足といえば動きやすい服装がいいですよね。

でも、できれば動きやすさだけじゃなくて、ちょっとおしゃれな服装がいい!

そんな親子遠足のママの服装のPOINTについてご紹介していきます。

親子遠足のママの服装のPOINT

親子遠足は実際に歩いてどこかに向かうというよりバスを使う遠足が多いですよね。

バスに乗って動物園とか、大きな公園とかに行くのが親子遠足。

親子遠足

wear

つまり

意外と歩かない!

とは言え現地では子供と遊んだり、やんちゃをする我が子を追いかけたりするので、ある程度の動きやすさは必要。

普段、休日に家族で公園に行くような感覚がちょうどいいかも知れませんね。

でも一緒に行くのは家族じゃなくて園のお友達!普段よりちょっとおしゃれさを出したいところ。

遠足ママの服装のPOINT

  • スポーティーすぎない!
  • おしゃれすぎない!
  • 他のママとかぶらなさそう!
張り切りすぎない服装がちょうどいいですね。

親子遠足におすすめ!おしゃれママコーデ

さりげなくおしゃれで、ちゃんと動きやすい。

そんなおすすめの遠足コーデをチェックしていきましょう♪

バスクシャツで大人っぽカジュアル

バスクシャツのコーデ

wear

しっかりとしたコットン素材のバスクシャツは、動きやすくて洗える遠足向きなアイテムです。

体にフィットしないので、透けにくく体の線がわかりにくいのも嬉しいですね。

HAPTIC

スニーカーやリュックといったカジュアルなアイテムとの相性もバッチリ。

Tシャツワンピースならかわいく動きやすい!

Tシャツワンピ
wear

ストンとしたシルエットのTシャツワンピース。

背中が見える心配がないので、しゃがんだり立ったり走ったり……と忙しい親子遠足にぴったりです。

and Me…

たくさん動く親子遠足では、思ったより汗をかくこともあるでしょう。

気軽に洗えるTシャツワンピなら、汗も汚れも気にせず遠慮なく着ることができますね。

肌寒い日ならショート丈アウターを持っていく

マウンテンパーカーコーデ

wear

長い時間外にいると風が冷たく感じたり、日陰にいると寒くなったりしますよね。

そんな時には、コットンやナイロンの軽い羽織りものが一着あると安心です。

E-ZAKKAMANIA STORES

通り雨の可能性がある時は、フードがついている羽織りものがおすすめ。

ボーダーはかぶらない着こなしを意識!

ボーダーシャツコーデ

wear

  • デニム以外のボトムを合わせる
  • 黒やネイビーなど、一般的な色以外のボーダーを選ぶ
  • タックインにするなど着こなしで差をつける

着こなしやボーダーシャツの選び方次第で、かぶらないおしゃれなボーダーコーデが可能に!

La-gemme

今年らしい、ゆったりとしたシルエットのボーダーシャツもおしゃれです。

ワイドめデニムで大人カジュアルコーデ

親子遠足

wear

ワイドなデニムパンツは動きやすさ抜群。

シャツジャケットやキャップ、スニーカーをベージュで揃えたら、大人っぽい雰囲気に。

HUG.U

Tシャツやシャツなど、シンプルな着こなしもおしゃれに魅せられます。

フーディーでおしゃれ感UP

wear

Tシャツやスウェットだと寂しい感じになる……という時には、フードがアクセントになったフーディーを合わせるのがおすすめです。

pierrot

元気で明るいママという感じのフーディーコーデで、遠足を元気に楽しみましょう。

意外と重要!親子遠足の日焼け対策

親子遠足では、日焼け対策をシッカリしておきたい!

日焼け止めクリームなどを使う場合は朝塗って、午後くらいには塗りなおしたいですがなかなかそんなタイミングもない…ということもありえますよね。

遊ぶのは子供と言えども、ママが日傘をさして立ってるってわけにもいかないので帽子やカーディガン、グローブなどの日焼け止め対策が役に立ちます。

帽子で顔の日焼けを防止

アンジェ

つばはバスの中でも邪魔にならないくらいのものがおすすめ。

しっかりかぶって風で飛ばされないようなタイプを選びましょう。

帽子屋HatHomes

遠足からレジャーまで活躍する、日焼け対策帽子はママ必須のアイテム。

羽織りものがあると安心

UNITED ARROWS green label relaxing

さらっと羽織れるカーディガンはおしゃれに日焼け対策できるので持っておきたいですね。

archives

コットンやリネンのシャツも、羽織りものとして活躍してくれます。

風を通すので、気温が高めの日でもサラッと羽織れるのが嬉しいですね。

手元の日焼けをおしゃれに防ぐ!アームカバー

plage keep it simple プラージュ

コーディネートに合わせた色のアームカバーならいかにも「日焼け対策です」といった印象なくおしゃれに日よけができますね。

PATY

一見レイヤードコーデっぽいけど実はアームカバー。

おしゃれしつつ日焼け対策もできちゃいます。

虫よけ実験済みのUVミルク


赤ちゃんから大人まで【For fam】アウトドアUVミルク

親子遠足の時に選ぶ靴

バスでの移動が多くてもやはり遠足。子供と一緒に遊ぶことを考えたら動きやすい靴がいいですね。

遠足の定番はスニーカー

コンバース オールスター

敷物を敷いてその上に座ったり、立ったりすることが多い遠足では脱ぎ履きのしやすさも重要です。

ハイカットだとモタついてしまうのでローカットの方が◎。

NIKE

歩く距離は短くても、走り回ったり疲れた子どもをおんぶすることもあるので、履き慣れた歩きやすいスニーカーを履いていきましょう。

サッと履いてサッと脱げるスリッポン

EMU Australia

動きやすくて脱ぎ履きもノンストレスなスリッポンも、親子遠足におすすめ!

CONVERSE ALL STAR

おなじみのコンバースも、シューレースがないタイプだと脱ぎ履きがさらにラクに。

ちょっときれいめにするならフラットシューズ

ecoloco

さすがにヒールパンプスやサンダルはNGだけれど、スニーカーじゃなきゃいけないと指定がなかったら、歩きやすいフラットシューズでもいいですね。

S-mart

普段のお出かけや通勤で履いているフラットシューズは、歩き慣れていて遠足にもぴったり。

親子遠足にはどんなバッグを持っていく?

FREDRIK PACKERS

お弁当や水筒、タオル、ウェットティッシュなどなど荷物が多くなりがちな親子遠足。

VitaFelice

両手があくリュックは、小さな子どもとの遠足だけでなく、普段のお出かけにも活躍してくれます。

定番のリュックの他トートバッグもざくざくたくさん荷物を入れることができるのでおすすめです。

斜めがけできるベルトが付いているタイプが特におすすめ。

親子遠足は程よくおしゃれして、思いっきり楽しもう♪

親子遠足

wear

おしゃれでかわいいお母さんがいっしょの遠足は子どももうれしい!

遠足だから動きやすかったらいいよね、と手抜きせず

せっかくの親子での遠足、おしゃれをして楽しみましょう。